つらい夏風邪

健康

つらい夏風邪の原因と特徴【子供から大人まで注意が必要です!】

スポンサーリンク

夏風邪ってどんな特徴があるの?
普通の風邪とはなにが違うの?

そういった疑問にお答えします!

こんにちは、薬剤師のまっちです。今回は、夏風邪の患者さんへ薬や生活の注意点の指導をしているまっちが、夏風邪に関して解説します。

この記事はこんな方におすすめ

・幼稚園や保育園に通うお子さんがいる方
・子供が夏風邪と診断された方

夏風邪の原因

毎年6月から8月ころにかけて夏風邪が流行する時期です。夏風邪の主な原因としては、免疫力が低下することと、夏に活発になるウイルスに感染することが挙げられます。

夏ならではの理由で免疫力が低下する

夏バテで食欲低下から栄養バランスが崩れたり疲労が蓄積したりすることで免疫力が低下してしまいます。

また夏は暑さから過度に冷房を使用し、必要以上に体を冷やしてしまいがちです。冷房の効いた部屋とそうでない部屋の行き来を繰り返すなど、体温の温度差が激しくなると自律神経のバランスが崩れて免疫力が低下してしまいます。

夏に活発になるウイルスに感染

感染症が流行しやすいのは一般的に冬の気温が低く乾燥する時期ですが、夏風邪の原因となるウイルスは冬に多いタイプとはまったく異なり高温・多湿を好むウイルスで毎年6月から8月頃に感染しやすくなります。

夏風邪の症状

代表的な夏風邪は、ヘルパンギーナ手足口病咽頭結膜熱(プール熱)です。この3つの症状について解説していきます。

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナはコクサッキーウイルスによる感染症で、乳幼児がかかりやすい代表的な夏風邪です。潜伏期間は2~4日で特徴的な症状としては38℃~40℃の発熱が1~3日続き、のどには水泡がいくつかできそれらがつぶれて潰瘍ができるため強い痛みとなります。

小さな子供はのどの痛みから飲食ができなくなり脱水症状へとつながる恐れもあります。
症状の経過として発熱は2~4日で治まり、他の症状も1週間ほどでなくなることが多いです。

感染経路は飛沫感染、接触感染、経口感染で、発熱やのどの痛みがある時期は、咳やくしゃみなどによって発生する飛沫によって感染する飛沫感染をします。また唾液や鼻水が付いたおもちゃ、これらに触れた手指を介して感染する接触感染や経口感染によって感染します。

症状がなくなっても1ヶ月近く便からウイルスが排泄され続けるので幼稚園や保育園を中心に集団感染をおこしやすい感染症です。またウイルスの型がいくつかあるので、何度もかかってしまうこともまれにあります。

登園や登校の目安は発熱やのどの痛みなど主な症状がなくなり集団生活に適応できるくらいに健康状態が回復していることです。施設によっては医師による治癒証明が必要な場合もあります。

手足口病

手足口病の原因はヘルパンギーナと同じコクサッキーウイルスやエンテロウイルスによる感染です。患者の90%前後を5歳以下の乳幼児が占めていて潜伏期間は3〜5日で症状は口の中や、手足などに水疱性の発疹が出ます。

患者のうち30%ほどは発熱する場合もあるがヘルパンギーナよりも軽く済むことがほとんどで数日のうちに治ります。水泡が潰れて口内炎ができた場合は痛みから飲食が出来なくなることもあるので、脱水に注意が必要です。

症状の経過としては3~7日で症状は治まります。便中へのウイルスの排泄は長期間にわたり、症状が消失した患者も2~4週間にわたり感染源になりうる。感染経路はヘルパンギーナと同様に飛沫感染や接触感染、経口感染です。

登園や登校の目安は発熱やのどの痛みなど主な症状がなくなり集団生活に適応できるくらいに健康状態が回復していることです。施設によっては医師による治癒証明が必要な場合もあります。

プール熱(咽頭結膜熱)

プール熱(咽頭結膜熱)はアデノウイルスに感染することで発症します。

潜伏期間は5~7日程度で、目の充血や痛み、目やになどの症状が特徴です。そのほかの症状として発熱、頭痛や食欲不振、だるさ、のどの痛みなどの症状があり、3~5日程度続きます。

感染経路は咳やくしゃみからの飛沫感染と、タオルの共有やドアノブなど手指を介した接触感染があります。目やにからも感染することがあり、塩素濃度の管理が不十分なプールの水を介してうつることもあるため「プール熱」と呼ばれています。

登園や登校の目安は主な症状がなくなってから2日間は経過した後になります。症状改善後に受診して、治癒証明をもらうなど感染の恐れがないことを確認してもらいましょう。

その他の夏風邪

代表的な3つの夏風邪のウイルス以外にも、たくさんのウイルスの型が存在します。

風邪と似たような症状ではありますが、夏風邪の特徴としてはのどや腸に菌が感染することです。そのため、のどの痛みや下痢などの症状が特徴的で、普通の風邪と違い鼻水や鼻づまりなどは比較的少ないです。

なぜつらい?夏風邪の特徴

子供が感染しやすいが大人もうつる

夏風邪は患者のほとんどが子供ですが、大人もうつる可能性はあります。そして大人が感染すると症状が重くなる傾向にあります。ウイルスは1ヵ月近く排泄され続けるので、おむつ替えの時はマスクやゴム手袋をするなど対策はしっかり行いましょう。

免疫力を下げないよう栄養バランスのとれた食事、十分な睡眠、適度な運動なども大切です。

おもな症状はのどの痛み、発熱、下痢

夏風邪は5歳以下の子供がかかりやすく冬に流行する風邪とは違う特徴があります。

夏風邪の特徴として咳や鼻水、鼻づまりは比較的少なくて、のどの痛みや発熱、下痢などが主な症状になります。

医師の診察の際もウイルス検査をして診断するのではなく、症状などから夏風邪の可能性が高いと診断されることがよくあります。

夏風邪は治りにくい

夏風邪は治りにくいと言われる理由としては、感染者の免疫力が下がっていることがあげられます。

梅雨のじめじめした時期や夏の暑い日が続くと、疲れなどから体調を崩し免疫力が下がりやすいです。夏風邪に感染した場合は十分な休息と栄養摂取、水分補給を心がけましょう。

脱水の危険がある

夏風邪で脱水の危険がある理由としては、夏は暑さから汗をかきやすく水分やミネラルが不足してしまい脱水になりやすいことと、のどの痛みにより水分が摂れなくなってしまうことがあげられます。

そもそも夏は脱水症状に注意が必要です。失われた水分や塩分などのミネラルを効率よく補給するために、白湯やスポーツドリンクよりも経口補水液がおすすめです。

のどが痛いと大人でも飲食がつらいですが、それは子供も同じです。水分を摂れていないと脱水の危険もあるのでこまめに水分を摂るようにしましょう。

夏風邪で受診して痛み止めを処方してもらっている場合は、お薬を使用して、のどの痛みが緩和されている間に水分を摂りましょう。

ワクチンや有効な治療薬はない

夏風邪の原因ウイルスに対しての特別な治療方法はなく、症状に応じた薬を処方してもらうのが一般的です。のどの痛みや高熱がある場合、小児科で解熱鎮痛剤を処方されることがあります。

よく処方されるのは「アセトアミノフェン」で商品名としては「カロナール」が有名です。粉薬やシロップ、坐薬などの剤形があるのでお子さんに合ったものを医師と相談して処方してもらうのが良いでしょう。

2020年の夏風邪の流行状況

今年はコロナウイルスによる休校・休園や行動自粛の影響もあり、例年よりも夏風邪の感染者は少ないです。(2020年6月29日時点)


普段の生活に戻るにつれて感染者数が増えていくと思われます。下部の東京都の感染症情報センターの流行状況確認ページを参考にしてください。また、各都道府県の感染症情報センターのサイトで流行状況を確認することができます。

ヘルパンギーナの流行状況の確認はこちら

手足口病の流行状況の確認はこちら

プール熱(咽頭結膜熱)の流行状況の確認はこちら

つらい夏風邪に負けないように対策しよう!

夏風邪の予防方法

  • 帰宅時、食事前などの手洗いやうがいで経口感染対策
  • おむつ替えはマスクや手袋を使用。終わったらしっかり手を洗う
  • 冷房の効きすぎ注意
  • 免疫力を下げないように、十分な睡眠、栄養バランスのとれた食事をとる
  • 本格的な夏が来る前に適度な運動を習慣化させ、うまく汗をかける体作りをする

夏風邪にかかった時の注意点

  • こまめな水分補給で脱水対策
  • 無理せず体を休める
  • のどが痛くて飲食できない場合は氷やアイスなど冷たいもので痛みを緩和させる
  • オレンジやグレープフルーツなど柑橘系はのどへの刺激が比較的強いため控える
  • 炭酸飲料やカフェイン、アルコールはのどへの刺激が強いため控える
  • 下痢の症状があっても、下痢止めを使用しないで便と一緒にウイルスを排泄させこまめに水分補給を行う(あまりにひどい下痢の場合は薬が必要な場合あり)

夏風邪の原因と特徴に関して解説しました。健康に夏をすごせるようこの記事が参考になると幸いです。

関連記事:
赤ちゃんも飲める脱水対策の飲み物【OS-1・ポカリ(ビーンスターク)・アクアライトを薬剤師が徹底比較】

参考資料:
厚生労働省:保育所における感染症対策ガイドライン

スポンサーリンク

-健康

© 2020 くすりと健康ブログ~薬剤師まっちのセルフメディケーションのすすめ~