健康

すぐにできる朝の口臭対策【朝食を食べる!】

スポンサーリンク

「最近、朝の口臭が気になる」
「朝、学校の友人や職場の同僚と会話をしているときに、口臭を指摘されたことがある」

そういった悩みを解決します。

この記事はこんな方におすすめ

・自分の口臭が気になったことがある方
・口臭を指摘されたことがある方
・朝食を食べない方

朝食は必ず食べる、薬剤師のまっちです。

自分の口臭が気になったのが朝から昼にかけてだった場合、少し意識をして朝食を食べることで対策出来ます!

今回は「すぐにできる朝の口臭対策」について解説します。

朝の口臭の原因

生理的な口臭は誰にでもあります。そのなかでひとが1日で最も口臭が強くなるのはです。

朝の口臭は、寝ている間にだ液の分泌が減ってしまうことが原因です。

だ液には口の中の細菌を殺菌する作用があり、これにより、口臭が抑えられています。

「ケガはつばを付けておけば治る」という言葉もありますが、これはだ液の殺菌作用が関係しています。

しかし寝ている間はだ液が減り、殺菌作用が不充分になることから細菌が繁殖しやすくなります。この細菌がタンパク質(食べカスや、新陳代謝で粘膜から剥離した細胞、血液成分、死んだ細菌など)を分解して発生したガスが、口臭の原因となります。

また、歯磨きが不十分で食べかすが残ったままだと余計に口臭が悪化しやすくなります。

ポイント

だ液が減る⇒口の中の細菌が増える⇒口臭が悪化する

朝食による朝の口臭予防効果

朝食を摂ることでどういった口臭予防効果があるのか?解説していきます。

咀嚼によりだ液が分泌される

咀嚼(そしゃく)によってだ液の分泌が促され、口の中にいきわたります。だ液がしっかり分泌されることで細菌の繁殖が抑えられ、口臭の予防にもつながるのです。

そのため、ヨーグルトなど噛まない食事はだ液を増やすという意味ではあまり有効ではないです。忙しく働く人ほどこうした習慣を心がけることが、口臭リスクを防ぐための第一歩になります。

一口に20~30回ほど噛むことを意識しましょう

より多くの水分を摂取できる

私たちは飲み物だけでなく、食事からも水分を補給しています。しっかり朝食をとることで、朝の水分不足を解消できます。一度にたくさんの水分をとっても排泄されてしまい、蓄えられません。飲み物と食事からバランスよく水分補給しましょう。

食品の水分量の目安は、肉類70%、卵(生・全卵)75%、魚75%、野菜90%です。
目安を参考に、まっちの普段の朝食に含まれる水分量をざっくり計算してみました。

・ごはん一杯(150g) 約160ml~180ml
・みそ汁一杯 約150ml
・サラダやおかずなどで約40ml~120ml

朝食だけで水分が約350ml~450ml含まれていました!まっちの場合、朝食を抜くだけでペットボトル約1本分の水分が摂れなくなります。

空腹が口臭につながる

「水分をとればいいなら、水だけ飲めばいいのでは?」と思う方もいるかと思いますが少し違います。

空腹の状態が長く続くことも、口臭を発生させる大きな原因となるのです。

胃に食べものがないと代わりに、消化液である「膵液」が分解されます。膵液は分解される際にガスを発生させ、このガスが口臭の原因となります。膵液のガスによる口臭は、すっぱい臭いがすることが特徴です。

朝食をしっかり摂って胃に何もない状態を避けることが、口臭予防のために重要ということですね。

口臭予防の効果を高める朝食の選び方

口臭予防の効果を高める朝食の選び方のポイントは和食です。お米や繊維の多い野菜は噛む回数が多くなり、だ液を増やしやすいです。また朝は脂っこくなく、手軽で栄養バランスのとれたものが理想的です。

お米や玄米などの穀類、納豆などの豆類、ブロッコリーやごぼうなどのすじの多い野菜類が噛む回数を増やしやすいです。またタコやイカなど歯ごたえのある筋繊維が多い食べ物もおすすめです。

基本的に食材は調理すればするほどやわらかくなります。そのため野菜だと、煮込んだものより野菜スティックなど生で食べた方が噛む回数を増やせます。ぜひ朝食に取り入れてみてください。

食物繊維の多い食材は便秘改善効果があるので、便秘に悩まされている方は一石二鳥ですね!

朝食を食べて口臭対策をしよう!

朝食を食べることで口臭対策ができることを解説しました。

今回の記事を基礎知識として、ガムやタブレットなどの市販のマウスケア商品を使用することでさらに口臭予防効果が高くなります。

仕事や学校で口臭が気になってしまう方はぜひ実践してみてください。

関連記事:
ガムを噛んで健康になる!?得られる7つの効果

スポンサーリンク

-健康

© 2020 くすりと健康ブログ~薬剤師まっちのセルフメディケーションのすすめ~