ダイソーのアルコール入りウエットティッシュについての記事アイキャッチ

健康

【ダイソー】アルコール入りウェットティッシュは感染予防の効果があるのか?薬剤師が解説

スポンサーリンク

アルコール入りウエットティッシュは感染予防の効果があるの?

除菌ウエットティッシュの正しい使い方は?

そんな疑問に薬剤師のまっちがお答えします!

感染予防の意識が高まる現在、家だけではなく外出時にもしっかりとした対策を行いたいですよね。

今や手洗い・うがいと並んで必須となった手指消毒。様々なお店でアルコール入りのウエットティッシュが販売されているが、感染予防の効果はあるのか?

今回は、100円ショップの「ダイソー」で販売されている商品「 除菌99% ウエットティッシュ アルコールタイプ」について感染予防の観点から解説します。

感染予防の効果があるアルコール濃度は?

ウエットティッシュサイズ別

様々な種類があるアルコールの中で、エタノールは安全性が高く、除菌効果も高いため除菌や殺菌用のアルコールとして使われています。

一般的にエタノールが最も除菌効果を発揮するのは70%ほどの濃度と言われています。下記は新型コロナウイルスの消毒・除菌に関する厚生労働省の見解です。

手洗いがすぐにできない状況では、アルコール消毒液も有効です。アルコールは、ウイルスの「膜」を壊すことで無毒化するものです。

<使用方法>濃度70%以上95%以下(※)のエタノールを用いて、よくすりこみます。

(※) 60%台のエタノールによる消毒でも一定の有効性があると考えられる報告があり、70%以上のエタノールが入手困難な場合には、60%台のエタノールを使用した消毒も差し支えありません

引用)厚生労働省 新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について

上記から、新型コロナウイルスの感染予防に関して、手洗いの代わりになるエタノールの濃度としては60%~95%です。

全ての菌やウイルスに効かないわけではないでしょうが、アルコール濃度が薄いとウイルスを除菌・殺菌する効果は弱まります。

単独での感染予防の効果は期待しすぎないほうがいい

アルコール濃度の観点から分析すると、単独での感染予防の効果は期待しすぎない方がよさそうです。

その理由はダイソーの「除菌99%ウエットティッシュ アルコールタイプ」のアルコール濃度が低いためです。

ダイソーの「除菌99%ウエットティッシュ アルコールタイプ」はアルコール濃度の記載がなく、アルコール濃度についての問い合わせをしたところ20%と回答をいただきました

一般的には、アルコールタイプのウエットティッシュは15%~30%程の濃度の商品が多いです。ダイソーではほかに30%の濃度の商品もありました。

ダイソーのアルコール入りウェットティッシュに期待できる効果は?

アルコール入りウエットティッシュ

期待できる効果

  1. 手を拭くことにより菌の数を減らす
  2. 指の間や爪先など、洗い残しの多いところの菌の数を減らす
  3. 手以外に身の回りの物に使用できる
  4. 乾燥肌の方にはヒアルロン酸配合タイプで保湿をしながら感染予防

①手を拭くことにより菌の数を減らす
感染防止にはウイルスを殺すだけでなく、減らすことも重要です。除菌ウエットティッシュを使うことで、物の表面をぬぐい、病原体の数を減らすことができます。

アルコールによる無毒化の効果はどの程度あるか分からない部分もありますが、ウイルスや菌を拭きとることで減らす効果が期待できます。

②指の間や爪先など、洗い残しの多いところの菌の数を減少させる
爪の先など手洗いや、スプレータイプのアルコール消毒で除菌忘れが多い場所も、ウエットティッシュだと拭き取りやすいです。

③手以外に身の回りの物に使用できる
ウエットティッシュは手以外にも身の回りの物に使用できます。テーブルやスマホ、パソコン、車、ドアノブ、電気のスイッチなど手以外にもあらゆるものに使用できます。

④乾燥肌の方にはヒアルロン酸配合タイプで保湿をしながら感染予防
濃度70%のアルコールで繰り返し消毒すると手が荒れてしまいます。

高濃度のアルコールはとくに刺激があり、傷口がしみたりすることがあります。ダイソーの「 除菌99% ウエットティッシュ アルコールタイプ」はヒアルロン酸が配合されていて、肌の保湿効果もあります。大判タイプのみ、ヒアルロン酸が配合されています

アルコール濃度が低いと言っても、使い方次第で感染予防の効果は十分に得られそうだね!

ウエットティッシュのサイズは?

大判サイズ(左) 普通サイズ(右)

サイズは普通サイズ(150mm×200mm)と大判サイズ(200mm×300mm)があります。

さらに普通サイズは「10枚入り3パック」と「30枚入り1パック」のものがあり、用途によって使い分けできます。

普通サイズは成人の私が使用したところ、両手を拭き取るのにちょうどいいサイズでした。そのため子供の両手であれば、余裕をもって拭くことができます。

大判サイズは大人の両手を、余裕をもって拭くことができます。そのため私は手を拭いた後にスマホを拭いたり、身の回りの除菌も1枚で済ましています。

ウエットティッシュの使い分け方法

普通サイズは仕事で在宅訪問をする際に、患者宅の自分が触れた場所(ドアノブなど)を拭くのに使用しています。

また普段の外出時にカバンに入れて、自分や子供の手指消毒、外食時にはテーブルの消毒、子供用カートの消毒など活躍の場が多いです。10枚入りはかさばらないので持ち運びに最適です。

大判タイプは大きいのでバックに入れて持ち歩くのには向いてません。私の場合は、車に置いていて、ショッピングモールやスーパーから戻って乗車する際に手を拭いたり、車内を、拭いたりしています。一枚で全て拭けるトイレクイックル並みの活躍です。また、自宅のリビングでテーブルやリモコン、電気のスイッチやドアノブなど家族の手が多く触れる箇所を拭くのにも使用しています。

【ダイソー】アルコール入りウエットティッシュ まとめ

低濃度アルコールのウエットティッシュのおすすめの使い方をまとめました。

おすすめの使い方まとめ

  • 除菌や殺菌というよりは、拭き取るイメージで使用する
  • 単体での効果に期待しすぎず、手洗いをしっかり行う
  • 指の間や爪の先、親指など洗い残しの多い場所に使用する
  • スマホやドアノブなど身の回りのものに使用する
  • 手の乾燥が気になる方はヒアルロン酸配合のものを使用する

この記事が適切な感染予防の参考になると幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ブログランキングに参加しているので、この記事が参考になったという方はぜひクリックお願いします!

関連記事:
【コンタクトとメガネ】ウイルス感染予防の効果は?

NONIO(ノニオ)ホワイトニングを実際に使用した効果と成分を【薬剤師が徹底解説】

スポンサーリンク

-健康

© 2020 くすりと健康ブログ~薬剤師まっちのセルフメディケーションのすすめ~