メイアクトの効果と副作用

くすり

メイアクトの効能と副作用【ジェネリックとの味も比較】

スポンサーリンク

• メイアクトという薬が処方されたけど、どんな薬なの?
• ジェネリックとの味の違いは?

こんな疑問にお答えします

こんにちは、薬剤師のまっちです。今回は小児科や耳鼻科で処方頻度の高い抗生物質、メイアクトについて解説します。

メイアクトはどんな薬?

出典 Meiji Seika ファルマ株式会社

メイアクトは第三世代セフェム系という分類の抗生物質です。

私の薬局では近隣の耳鼻科や小児科で処方されることが多い薬です。お子さんが風邪を引いた時に処方されたことがある方も多いのではないでしょうか?

剤形は錠剤と粉薬があり、商品名はそれぞれ「メイアクトMS錠100㎎」、「メイアクトMS小児用細粒10%」です。錠剤は2006年7月から、粉薬は2009年1月から販売された薬です。

メイアクトはどんな病気に使われる?

ではメイアクトはどんな病気に使われるのか?お薬の説明書である添付文書を参考にしました。

【適応症】
表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、肛門周囲膿瘍、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、中耳炎、副鼻腔炎、歯周組織炎、顎炎、猩紅熱、百日咳

引用)メイアクトMS小児用細粒の添付文書より

様々な病気に適応があります。皮膚やのど、気管、鼻、耳など様々な部位での感染症に使われています。

メイアクトの飲み方は?

● メイアクトMS錠は1回1錠を1日3回、食後に服用するお薬です。重症例や効果不十分な場合には1回2錠を服用します。

● メイアクトMS小児用細粒はお子さんの体重に合わせて量が変わり、1日3回食後に経口投与。肺炎、中耳炎、副鼻腔炎の場合は倍の量で処方される場合もあります。

3歳以下の子が中耳炎や副鼻腔炎で多めの量を服用する場合、下痢をしやすくなるので注意が必要です。

小学校や幼稚園、保育園に通っていると1日3回で飲めない場合もあるかと思います。とくに昼食後が飲めないという方が多いです。

そういった場合は適切な服用間隔で朝食後、夕方、寝る前の3回で服用することを指導する場合があります。まずは医師や薬剤師に相談してみて下さい。

メイアクトの副作用

メイアクトMS小児用細粒の添付文書を参考にまとめました。

主な副作用

下痢、軟便、嘔気、胃部不快感、腹痛などの消化器症状、発疹などアレルギー症状、好酸球増多、肝機能異常(ASTやALT値増加)など

重大な副作用

ショック、アナフィラキシー、偽膜性大腸炎など血便を伴う重篤な大腸炎、中毒性表皮壊死症、皮膚粘膜眼症候群、間質性肺炎、低カルニチン血症に伴う低血糖など

抗生物質に多い副作用が下痢や軟便です。腸内の悪玉菌だけでなく善玉菌も攻撃することでバランスが崩れてしまうことが原因です。

また高熱が出て食事をあまり取れてないお子さんが、メイアクトを服用後にぐったりして元気がなく低血糖のような症状が現れて服用中止になったことがあります。頻度は少ないですが気を付けるべき副作用です。

メイアクトMS小児用細粒はどんな味?ジェネリックとの比較

メイアクトはオレンジ色で、バナナ味のお薬です。粉のまま服用すると苦みがでやすいので水に溶かしてから服用するほうが苦みを隠しやすいです。

どうしても苦い場合はお茶やアイスクリーム、りんごジュースなどで服用することで飲みやすくなります。

毎回ジュースやアイスでお薬をあげるのに抵抗があるようなら服薬補助ゼリーなどもおすすめです。

メイアクトのジェネリック

出典 日医工株式会社

  • セフジトレンピボキシル小児用細粒10%「サワイ」
  • セフジトレンピボキシル小児用細粒10%「EMEC」
  • セフジトレンピボキシル小児用細粒10%「CH」
  • セフジトレンピボキシル細粒小児用10%「トーワ」
  • セフジトレンピボキシル細粒10%小児用「日医工」
  • セフジトレンピボキシル小児用細粒10%「OK」(オーソライズドジェネリック) 

メイアクトのジェネリック医薬品は6メーカーから発売されていて、そのうち「OK」というメーカーは先発品のメイアクトと添加物や味が全く同じいわゆるオーソライズドジェネリックと言われるものです。

私が製剤見本で味見をしたことがあるメーカーがセフジトレンピボキシル小児用細粒10%「日医工」です。見た目はほとんど変わらず、味はバナナ風味です。

ジェネリックの粉薬の味は先発に寄せて作るか、全く違う味にするかどちらかですが、セフジトレンピボキシル小児用細粒10%「日医工」に関しては先発に近いものを再現しています。

比較するとメイアクトの方がバナナ味が強いですが後から来る苦みもありました。セフジトレンピボキシル細粒10%小児用「日医工」はバナナ風味で後から少し苦味がありますがメイアクトほどではありません。

飲みやすさを重視するならセフジトレンピボキシル細粒10%小児用「日医工」がおすすめです。

抗生剤の服用を途中で辞めてしまうとぶり返すこともあります。処方された日数分を飲みきるようにしましょう!

関連記事:
クラリスロマイシンの効果と子供への飲ませ方
オゼックス細粒を薬剤師が解説!【ジェネリックとの違いは?マイコプラズマ肺炎にも使える?】

スポンサーリンク

-くすり

© 2020 くすりと健康ブログ~薬剤師まっちのセルフメディケーションのすすめ~