くすり

『ロキソニンとカロナールどっちが効くの?』薬局でよくある質問

スポンサーリンク

こんにちは、薬剤師のまっちです

今回は薬局でよくある質問『ロキソニンとカロナールどっちが効くの?』にお答えしたいと思います。

…もちろんロキソニンです!!

質問の答えとしては終わりなんですが、 薬剤師としては、薬の特徴を理解して、服用して頂きたいと思っています。 もう少し詳しく説明させてください。

ロキソニンとカロナールの比較

ロキソニンはNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)という分類で、抗炎症作用と解熱・鎮痛作用があります。

有効成分「ロキソプロフェン」を含有する市販薬は、ロキソニンSシリーズや、バファリンEX、コルゲンコーワ鎮痛解熱LXαなどがあります。

一方、カロナールは非ピリン系解熱鎮痛薬で、解熱・鎮痛作用があり、抗炎症作用は弱いです。比較的安全な薬で妊婦や小児、高齢者にも使いやすい薬です。

有効成分「アセトアミノフェン」を含有する市販薬は、タイレノール、バファリン ルナJ、ノーシン錠、新ルルA錠などがあります。

対象年齢

市販薬「ロキソニンS」は15歳以上からの服用になります。
医師の判断によるところはありますが、医療用のロキソニンも同じような年齢から処方されています。

一方、カロナールは錠剤以外に粉薬やシロップ、坐薬など様々な剤形があり、幅広い年代で処方されています。坐薬だと「アンヒバ坐薬」や「アルピニー坐薬」といった名前のものも全てカロナールの有効成分「アセトアミノフェン」です。

副作用

ロキソニンの副作用としてあげられるのは胃の不快感や悪心・嘔吐などの消化器症状です。そのため、胃の弱い方は胃粘膜保護の作用がある胃薬とセットで処方されることが多いです。また、消化性潰瘍の方は服用を避けましょう。

他の副作用としては浮腫やむくみ、蕁麻疹などがあります。

胃への負担を避けるためには、食後の服用が基本です。難しい場合は、何か軽く口にしてから、もしくは多めに水分を摂って服用してください。

ロキソニンは妊娠末期の方は服用が禁止されており、基本的に妊婦や授乳中の方に処方されることは少ないです。

カロナールは、ロキソニンと比較すると効果が穏やかで副作用も少ないと言われています。

安全性が高いため妊娠中の方でも処方される場合もあります。

頻度は低いものの、起こりうる副作用としては悪心•嘔吐、発疹など。多量を長期で服用した場合、肝障害の可能性もあるので注意が必要です。

上記のような特に注意すべき点から、薬剤を選択することもあります。

適応疾患

下記がそれぞれの適応疾患になります。

ロキソニン
①関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、 頸肩腕症候群、歯痛の消炎・鎮痛
②手術後、外傷後(ケガ)、抜歯後の鎮痛・消炎
③急性上気道炎(かぜ)の解熱・鎮痛
カロナール
①頭痛、耳痛、症候性神経痛、 腰痛症、筋肉痛、打撲痛、捻挫痛、 月経痛、分娩後痛、がんによる疼痛、 歯痛、変形性関節症
②急性上気道炎(かぜ)の解熱・鎮痛
③小児科領域における解熱・鎮痛

適応疾患とは、「医者からこの診断をされたら、お薬を使って良いですよ」という疾患名です

上記の表をみるとどちらの薬も多くの適応疾患がありますね。

ポイントとしては、ロキソニンは関節リウマチや手術後の鎮痛・消炎の目的で使用されることが多いです。そのため整形外科や歯科医など鎮痛効果が求められる診療科でよく使われています。

この点からも、カロナールよりも鎮痛効果が高い事がわかりますね!

カロナールが「がんによる疼痛」に使用されるのは、消化管、腎機能、血小板機能などへの副作用のリスクを避けたい場合が多いので、必ずしも鎮痛効果の高さを意味している物ではないです。

まとめ

ロキソニンとカロナールを比較すると、ロキソニンのほうが鎮痛効果は高いですが、それぞれに長所・短所があります。

どちらの薬も、その有効成分を含む市販薬が販売されているので、市販薬購入の際には、痛みの度合い、対象年齢、副作用などの点からあなたに合ったものを選択していただけると幸いです。

スポンサーリンク

-くすり

© 2020 くすりと健康ブログ~薬剤師まっちのセルフメディケーションのすすめ~