薬の種類と特徴

くすり

薬の種類と特徴【剤形ごとに薬剤師が解説】

スポンサーリンク

内用薬

内用薬(内服薬)は口から飲み込み、胃を通り小腸で吸収される薬です。①錠剤②カプセル剤③粉薬④水剤(シロップ剤)に分けて解説します。

①錠剤

錠剤には多くの種類があり、薬の効果を活かすための製剤的な工夫が施されています。以下の表にまとめました。

素錠(裸錠) 一般的な錠剤で有効成分に様々な添加物を加えて錠剤の形にしている (例)ロキソニン錠
糖衣錠 錠剤の周りを糖で覆ったもの。苦みやにおいを隠すことが出来て、表面が滑らかなため飲みやすい。光や湿気に不安定な薬に使用される。素錠と比較して高温・多湿に弱い (例)セイロガン糖衣A
フィルムコーティング錠 錠剤の周りを水溶性の膜で覆ったもの。苦みやにおいを隠すことが出来る。
腸溶錠 胃で溶けず腸で溶けるように作られた錠剤。胃酸により薬の効果が弱くなってしまうものなどに使われる (例)バイアスピリン錠
徐放錠 薬の成分がゆっくりと溶けて、効果が長時間続くように作られたもの。薬の名前にLやR、CR、徐放錠とついていることが多い (例)ムコソルバンL錠
OD錠(口腔内崩壊錠) だ液で溶かして服用できる錠剤。水なしで飲めるため外出時にも飲みやすい (例)アレグラOD錠
チュアブル錠 噛み砕いて飲むことが出来る錠剤。小児用で作られているものもある (例)シングレアチュアブル錠
舌下錠 下の裏の粘膜から吸収されるため吸収が速い。狭心症の発作時に使われることもある。(例)ニトログリセリン錠、シダキュア スギ花粉舌下錠

②カプセル剤

液状や粉状の医薬品をシートや容器で包んだもの。薬のにおいや味を隠すことができるが、錠剤のように圧縮していない分、大きくなりやすい。

③粉薬


粉薬は細かな量の加減ができるので、体重や年齢に合わせて作りやすく小児の薬に使用されることが多いです。

散剤 体内に素早く吸収するので、カプセルや錠剤に比べて早い効果が期待できる。2種類以上の散剤を混ぜ合わせて調剤が可能。粒子が細かいため飛散しやすい(例)アスベリン散
細粒 医薬品を細粒状にしたもので、粒子の大きさは散剤より大きく顆粒(かりゅう)剤より小さい。その目的に応じて腸溶性、徐放性の製剤とすることもできる。顆粒剤と散剤との混合性の悪い点を改善して調剤に便利な形態にしたもので、調剤あるいは混合操作時の取扱い上の便利さから発生したわが国独特の剤形 (例)サワシリン細粒
顆粒剤 顆粒剤とは医薬品の剤形の一種で、散剤と呼ばれる粉末状の薬よりも粒が大きく、大きさも揃っている薬を指す。粒の直径が0.1~1mm程度に成形されている。薬が溶け出す時間を調節しやすいため、腸溶性や効果を持続させる製剤を作りやすいという特徴がある。(例)メプチン顆粒
ドライシロップ(DS) 甘く味付けされており、水に溶かして飲むタイプの薬。ドライシロップ製剤は水に溶かしても甘みがあるため、主に小児向けの薬として用いられている。新しく作られるドライシロップの薬は飲みやすいものが多く、薬が美味しいから喜んで飲んでくれるというお子さんも多くいます(例)カルボシステインDS

④水剤(シロップ剤)

シロップ剤は、内服液剤に糖類や甘味料を加えて飲みやすくしたものです。子供に処方されるお薬が多いです。風邪などで小さなお子さんが飲み薬を初めて飲む場合、シロップ剤であることが多いです。

外用薬

外用薬は内服薬と注射薬を除いた人体へ直接用いるすべての薬剤の総称です。①湿布②点眼薬③点鼻薬④点耳薬⑤坐薬⑥塗り薬に分けて解説します。

①湿布(パップ剤とテープ剤)

● パップ剤は白い湿布です。テープ剤と比較して水分(水含有量:40~60%)を多く含んでいて、かぶれにくいという特徴があります。水分が蒸発することで患部の熱を下げる効果があります。そのため、使うと冷んやりするのが特徴的です。デメリットとしては剥がれやすい点です。そのため、包帯などで患部を覆わなければならないこともあります。

ポイント

パップ剤には冷湿布と温湿布があります。冷湿布は急性の症状に使用します。例えば捻挫や打撲などで、患部が腫れていたり炎症が起こっている場合に使用します。温湿布は慢性の症状に使用されることが多いです。腰痛や肩こりなどで長期間悩まされている方、お風呂に入って体が温まると痛みが楽になる方は温湿布が合っているかもしれません。

● テープ剤(プラスター剤)は肌色の薄い湿布です。私の薬局では、高齢者以外で皮膚が弱くない方はテープ剤が処方されることが増えてきています。昔から白いパップ剤を使用されてる方や肌が弱くかぶれやすい方はパップ剤を処方される場合が多いです。

②点眼薬
目薬です。目に使用するもので防腐剤の入っていないものはコンタクトをした状態でも使用できます。

③点鼻薬 
アレルギー性鼻炎の方に処方される薬が多い。霧状に出てくるものと、パウダータイプがあります。

④点耳薬 
耳に使用する薬。耳浴といって、使用する耳が上に来るように、横になり5滴ほど滴下し、その状態を5分ほど2から3分?続けて終了です。溢れ出た液は拭き取ってください。

⑤座薬 
小児の解熱剤や吐き気止めなどがあります。大人でも痛み止めなどがあります。内服と比較して効果がでるのが早い。

⑥塗り薬

● 軟膏
白色ワセリンなどの油性基材に有効成分を混ぜ合わせたもの。刺激が弱く、肌の弱い方にも向いている。乾燥している患部とジュクジュクしている患部どちらにも使用できる。保湿力が高く肌を保護してくれる反面、クリームよりもベタつきがあり使用感は良くない。保湿力の高さから、冬の感想の時期は特に使用されることが多い。

● クリーム
クリームは水と油を混ぜて乳化した基材を使用した塗り薬です。軟膏に比べて刺激があるため、患部が傷になっていたりジュクジュクしている場合の使用は適していません。軟膏と比べて使用感がよく、伸びが良いです。さらっと使用したい夏に処方が多いです。

薬の種類と特徴まとめ

剤形ごとの薬の種類と特徴を解説しました。

薬には患部に合わせて色々な種類の剤形があります。薬に関するちょっとした疑問の参考になると幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ブログランキングに登録しています。この記事が参考になりましたら、クリックお願いします!

関連記事:
漢方薬【加味逍遥散】の効果は?更年期障害や自律神経失調症でお悩みの方向け

薬を水で飲む理由は?【薬剤師が分かりやすく解説します!】

スポンサーリンク

-くすり

© 2020 くすりと健康ブログ~薬剤師まっちのセルフメディケーションのすすめ~