くすり

漢方薬【五苓散の効果・市販薬の比較】二日酔い予防や低気圧頭痛にも使える

スポンサーリンク

台風がくると頭痛がつらい

お酒を飲んだ次の日によくお腹をこわす

そういった症状が漢方薬「五苓散」を服用することで改善するかもしれません。

こんにちは、薬剤師のまっちです。今回は体の水分バランスを調整してくれる漢方薬「五苓散」について解説します。

漢方薬【五苓散】の効果

五苓散には、体の水分バランスを調整することでどのような症状に効果があるのか?代表的なものを4つあげます。

二日酔い

お酒を飲んだ次の日にお腹を壊しやすい方、顔がパンパンに腫れる方などは飲む前や飲んだ後に五苓散を服用すると良いです。

五苓散は一時的に不要な水分が体にたまっているときに効果的なお薬です。つまりこの場合は、お酒ですね。

https://twitter.com/nananana618/status/1314910527018000385?s=21

子供の乗り物酔い

五苓散は乗り物酔いしやすい子供にも使用されるお薬です。車で遠出をするときは、お出かけ前に服用しましょう。

子供が乗り物酔いしやすいのはなぜ?

「乗り物酔い」の原因は、みぞおちから上の部分や頭に余分な水分です。余分な水分が乗り物の揺れによって「乗り物酔い」を誘発すると言われています。子供は大人と比較して消化機能が未熟で水分代謝がうまくできないことから、「乗り物酔い」しやすいです。

他に小児で使用される場合は胃腸炎に伴う下痢・嘔吐など脱水がかかわるような症状に五苓散がよく使われています。

子供は大人と比べて水分の量が多く、脱水時に体調を崩しやすいです。脱水になる前に五苓散を服用することで水分バランスを調整してくれます。

「暑気あたり」による下痢や嘔吐

五苓散の効能・効果に「暑気あたり」があります。

これは暑さにより自律神経が乱れたり、冷房による気温や湿度の急激な変化などにより、全身のだるさ、食欲不振、下痢、嘔吐などの症状がでるものです。

「暑気あたり」は水分代謝が悪くなっているので、そういった場合に五苓散が有効です。

低気圧頭痛

台風による気圧の変化で頭痛が起こる方に使用できるお薬です。

台風が来ると頭痛がする、めまいがするといった方に使用されています

● 五苓散の効能・効果は?

体力に関わらず使用でき、のどが渇いて尿量が少ないもので、めまい、はきけ、嘔吐、腹痛、頭痛、むくみなどのいずれかを伴う次の諸症:水様性下痢、急性胃腸炎(しぶり腹 注)のものには使用しないこと)、暑気あたり、頭痛、むくみ、二日酔い
注:しぶり腹とは、残便感があり、くり返し腹痛を伴う便意を催すもののことである

「ツムラ」漢方五苓散料エキス顆粒 添付文書より引用

小児から使用できるお薬です。用量に注意して使用しましょう

起こりうる副作用としては、発疹・発赤、痒みなどがあります。他の漢方薬と比較して副作用の少ない薬ではありますが、服用後に体調変化など気になることがあれば薬剤師や医師に相談するようにしましょう。

【五苓散】市販薬の比較

  ツムラ 五苓散料エキス顆粒 テイラック
1日あたり価格(amazon) 182円 478円
1回あたり価格(amazon) 91円 160円
用法 1日2回 1日3回
剤形 顆粒剤 錠剤
服用可能年齢 2歳以上から 5歳以上から
沢瀉(タクシャ) 3.30g 5.0g
蒼朮(ソウジュツ) 1.98g 3.0g
猪苓(チョレイ) 1.98g 3.0g
茯苓(ブクリョウ) 1.98g 3.0g
桂皮(ケイヒ) 1.32g 2.0g

ツムラ漢方の五苓散は顆粒剤で、医療用の2/3量であることが特徴です。はじめて服用するため少ない量から使ってみたいという方におすすめです。

顆粒剤のため飲む量を調節しやすいです

小林製薬のテイラックは医療用の五苓散と同じ量の成分が配合されています。しっかり効果を得たい方、服用経験のある方におすすめです。

五苓散の口コミは?

五苓散は幅広い年齢層で使用されているお薬です。Twitterでは二日酔い対策、低気圧頭痛で使用している方が多くいました。

五苓散の効果まとめ

漢方薬「五苓散」について解説しました。

「五苓散」まとめ

  • 体の水分バランスを調節してくれる
  • 二日酔い、乗り物酔い、暑気あたり、低気圧頭痛などに効果がある
  • 幅広い年齢層で使用できる

五苓散はとても優秀な漢方薬です。正しく使用して、セルフメディケーションをしていきましょう。

関連記事:
漢方薬【八味地黄丸の効果と市販薬の比較】むくみや尿に関するトラブルでお悩みの方向け

漢方薬【加味逍遥散】の効果は?更年期障害や自律神経失調症でお悩みの方向け

この記事が参考になったという方はブログランキングへのクリックをしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサーリンク

-くすり

© 2020 くすりと健康ブログ~薬剤師まっちのセルフメディケーションのすすめ~