薬剤師

薬学部を留年しないで卒業する!5つのポイント

スポンサーリンク

薬剤師になりたいけど、ちゃんとなれるか不安

薬学部に入学したいけど、無事卒業できるかな?

薬学部は留年する人が多いと聞くけれど、自分は大丈夫かな??

そんな疑問にお答えします!

本記事では6年制の薬学部を留年せずに卒業したまっちが自身の経験から、留年せず卒業するために必要な4つの要素を解説します。

薬学部を留年しないで卒業するための5つのポイント

薬学部を留年せずに卒業できるのは新入生の50%~60%程と言われています。

私の大学では入学時に約300人だった生徒が卒業時には半分ほどに減っていました

薬剤師になるためには年に一回行われている国家試験に合格する必要があります。また、国家試験を受けるために必要な資格の1つが薬学部を卒業していることです。

薬学部は現在6年制で、それだけでも大変であるにもかかわらず、留年してしまう生徒も多数います。

私は自分1人の力では留年せず卒業することは出来なかったと考えています。そのため、自身の経験から留年せずに卒業するポイントを解説していきます。

過去問で効率よく勉強

過去問を使って勉強

留年せず卒業するということは、定期試験に受かるために効率よく勉強するということです。過去問がある場合はうまく活用して効率良く勉強しましょう。

同じ先生が毎年同じ科目のテストを作る事が多いです。そのため過去問と問題の傾向が似ていたり、全く同じ問題が出題されたりすることもあります。

過去問を解いていないと分からないかなり難しい問題を出題する先生もいました。

テストの傾向を知るためにも過去問はとても有効です。効率よく試験対策をしましょう。

私の大学ではテスト用紙を回収する先生とそうでない先生がいました。回収された場合は過去問がない場合もあります。

それでも試験後にすぐに問題内容を書き出して過去問を作る強者の先輩もいました。笑 そんな先輩がいると助かるかもしれませんね!

頭の良い友達を作る

頭の良い友達を作る

なかなか狙って出来ることではないですが、留年せず卒業するために必要不可欠な存在です。

自分1人で時間をかけて解決するのも大切ですが、ある程度考えた上でどうしても解決しない場合、頭の良い友達に頼ることも効率良く試験勉強をするために必要なことです。

先生に聞くのも一つの手段ですが忙しいためなかなか時間がとれず、すぐにコンタクトが取れなかったりします。

気軽に相談できる友達がいると、試験に合格するための強力な味方になります。

努力家の友達を作る

努力家の友達を作る

頭の良い友達と同じかそれ以上に大切な存在だったのが努力家の友達です。

努力家の友達は、つらい試験勉強の時にとても励みになります。

「友達がこんなに頑張ってるなら、自分も負けてられない!」という気持ちにさせてくれて、とても良い影響を受けました。

中学や高校の時と比べて薬学部ではテストの科目や出題範囲が広く、とくに初めの頃は心が折れかけました。そんなときに、とにかく努力をする友達と一緒に勉強できたことで、苦難を乗り越えることができたと思います。

生活のメリハリ(テスト1ヶ月前から本気モード!!)

生活のメリハリ

正直、私は真面目な生徒ではありませんでした。授業中に居眠りしたり、マンガをみたり、ケータイいじったり、サボったり…

程度は違えど、皆さんにもそういう時期は来るかもしれません。でも大丈夫です。学校生活でのメリハリをつけることが出来れば留年せずに卒業出来ます!私ができたから間違いありません。

メリハリをつけるとは「やるときはしっかりやる」ということです。私の場合は、試験の1ヶ月前から本気モード!!でした。

私の場合は、一ヵ月前から試験勉強を1日3〜4時間ほどして、1週間前になると1日中していました。

ただし、テストまでの1ヶ月といっても息抜きをしつつ、メリハリをつけながら試験勉強をするようにしていました。

私の場合は、1ヶ月前が目安でしたが、普段からコツコツ勉強している方は、テスト2週間前から本気モードにするなど、普段の積み重ね具合により期間は変えて良いです。

保護者への感謝の気持ち

保護者への感謝の気持ち

正直、これさえあればなんとかなると言っても過言ではありません!

自分の力だけで薬学部へ入学し、自分の力だけで6年間を過ごし卒業する。そういった方はほとんどいないと思います。

大抵の方は保護者の力を借りて学校に通い、1人暮らしの方は家賃等もお世話をしてもらっていることでしょう。

今はそれでいいです。薬剤師になってから恩返しをしていきましょう。そしてあなたが留年せずに卒業することがまずは恩返しの第一歩です

保護者への感謝の気持ちをもって日々を過ごすことが出来ているのなら、自分が何をやるべきなのかわかってくるはずです!

あとは、やる気次第!やる気になれば、必ずできます!

本記事の要点まとめ

  • 過去問で効率よく勉強
  • 頭の良い友達を作る
  • 努力家の友達を作る
  • 生活のメリハリ
  • 保護者への感謝の気持ち

薬学部を留年せずに卒業するために必要なことを解説しました。本記事で解説したことは、私の実体験からくるものなので、自信を持って必要なことだと言えます。

ただし、毎日マジメに授業を聞いて勉強し、試験に受かることが出来る方は、それで充分です!この記事はあまり参考にならないかもしれません。ただ、1人でやるのには限界があるので今よりさらに成績を、伸ばしたいと考える方は是非参考にしてください。

正直、少しくらい再試験になってもいいです!私も再試験で辛くも合格したことは何度もあります。

学生時代に成績が良かろうが悪かろうが同じ薬剤師です。実際に働く現場では学校の成績よりも大切なことはたくさんあります。

今回解説したポイントをおさえつつ、努力すれば誰でも留年せずに薬学部を卒業できると考えています。そして、それが出来る人は最後の試練である国家試験もきっと合格できると思っています。

スポンサーリンク

-薬剤師

© 2020 くすりと健康ブログ~薬剤師まっちのセルフメディケーションのすすめ~